入れ歯治療

最適な入れ歯で快適な暮らしを

入れ歯には咬みにくい、痛い、外れやすいなどのお悩みが多いものです。また、若い方は恥ずかしいという思いがあり周りに話しにくいようです。当院はそれぞれの患者様のご希望に合った入れ歯を提案しますので何なりとご相談ください。

治療風景

入れ歯の種類

  • レジン義歯イラスト

    レジン義歯

    健康保険などを使って入れ歯を作る場合は、義歯床がレジン(プラスチック)のものになります。咀嚼力(噛む力)が弱く、多少分厚いため違和感を感じることはありますが、料金が安く修理がしやすいというメリットもあります。

  • 金属床義歯イラスト

    金属床義歯

    自費の入れ歯で高価になりますが、義歯床を金属にすることで入れ歯を薄くすることができるので、しゃべりやすく違和感が少なくなります。金属は熱伝導性に優れているので、食事をした時の温度感覚が自然に近くなります。

  • シリコン義歯画像

    シリコン義歯

    義歯床の一部がシリコンになっている入れ歯で、種類によっては現在使っている入れ歯を改修することができます。入れ歯があたって痛いということが少なくなりよく噛めるようになります。ただしシリコンは汚れがつきやすいデメリットもあります。

おすすめ!

目立たない部分入れ歯「ノンクラスプデンチャー」

金属を使用しない入れ歯

ノンクラスプデンチャーは金属を使用しない部分入れ歯です。保険診療の入れ歯と異なり、金属のバネを使用しないため、見た目では入れ歯を装着しているのが分からないほど上手く溶け込みます。素材が柔らかく装着感も違和感が少ないのでお口にフィットします。「見た目」が気になるとお悩みの方におすすめの部分入れ歯です。

自費治療
1~4歯 54,000円(税別)
5~8歯 75,000円(税別)
9~13歯 90,000円(税別)
※1年保証
入れ歯画像

入れ歯のご相談はお気軽に!

毎日使う入れ歯だからこそ、できるだけ快適に過ごせるものをご提供したいと思っております。保険診療と自費診療で費用も変わってくるので、それぞれのメリット・デメリットを詳しくご説明いたします。

痛くない・怖くない、歯医者さん 「親知らず」抜く?抜かない? 見た目にも美しいセラミック治療

歯科衛生士募集中

トップページ ページトップ