マタニティ歯科

生まれてくる赤ちゃんの為に

妊娠中は女性ホルモンの影響やつわりによる口内環境の乱れから、虫歯や歯周病が悪化することがあります。また歯ぐきが腫れたり出血することもあります。出産というお仕事を控えていますから、余計な不調を増やさないためにも健診にいらしてください。

また、お母さんの口の中を健康にすることは生まれてくる赤ちゃんにとっても大切です。なぜなら、赤ちゃんは虫歯になる菌をもっていません。なのに虫歯になるのは、虫歯菌がご両親から移ってしまったことが原因である確立が高いからです。お子さんのためにも妊娠中に虫歯菌を減らしておきましょう。

笑顔の親子

妊娠中の治療について

レントゲンや麻酔、薬など歯科医と相談しながら進めます。
レントゲン
歯科の場合は直接お腹にX線があたるという事はありませんので安心してください。
麻酔
局部麻酔なので母子ともに全く影響はありません。痛みがほぼない麻酔の処置を行いますからリラックスして受けていただけます。
痛みがひどい場合には産婦人科の先生と相談した上で投薬します。授乳中は赤ちゃんの月齢を考慮しつつ安全性の高い薬をお出ししますので大丈夫です。

妊娠中の治療について

  • 結婚・妊娠前

    定期的に歯科検診とクリーニングを受け、いつも綺麗にしておきましょう。虫歯や歯周病になっている場合は、結婚・妊娠前にしっかり治療しておくのがベストです。また、抜いたほうがいい親知らずがある場合は妊娠する前に抜いておいたほうがいいでしょう。
    ↓
  • 妊娠 ~4カ月

    つわりで歯が磨けなかったり、胃酸により歯が弱ってくる場合があります。歯ぐきが腫れたり出血しやすくもなります。この時期は流産を予防するためにも応急処置に留めますが、体調のいい日をみて受診にいらしてください。
    ↓
  • 妊娠5ヶ月
    ~8ヶ月

    妊娠中の歯科治療に最も適している時期です。レントゲンも麻酔もできますから安心していらしてください。妊娠後期になるとまた治療に制限がありますし、産後は育児に忙しくなかなか歯医者に行けなくなります。虫歯や歯周病の治療はこの時期に済ませてしまいましょう。
    ↓
  • ~出産まで

    妊娠後期の治療も応急処置になります。体調がいい時にクリーニングをしてお口の中のケアをすることは、虫歯菌を減らすことができるので、生まれてくる赤ちゃんのためにとてもいいことです。
院長

妊婦さんの健診や治療は、とにかくリラックスして、お子さんを迎える準備だと思って楽しくやりましょう。治療イスの角度や体勢も楽な位置に合わせていきますし、つわりの症状が出たり、トイレに行きたくなったら気がねなくおっしゃってくださいね。

痛くない・怖くない、歯医者さん 「親知らず」抜く?抜かない? 見た目にも美しいセラミック治療

歯科衛生士募集中

トップページ ページトップ