歯周病治療

歯周病はとても怖い病気です

歯周病とは、その名のとおり「歯の周りの病気」です。歯垢や歯石に潜む歯周病菌に歯ぐきが感染し、炎症を引き起こします。35歳以上の日本人の8割が歯周病だというデータがあるにも関わらず、治療している方が少ないのは、歯周病は痛みや腫れもなく進むことがあるからです。これが歯周病の最も怖いところなのです。

歯周病

歯周病は放置すると進行します

歯を失う原因は歯周病42%、虫歯32%、その他(親知らずや矯正による抜歯など)26%と歯周病が一番多い原因です。

痛みや腫れもなく進行することがある歯周病。自然と治ることはなく、放置していれば確実に進行します。

歯を失う原因のナンバーワンが歯周病だということをご存知でしょうか?表を見ても分かるように、歯周病と虫歯さえ予防すれば、必要な歯を失わなくて済むということです。

歯周病になりかけの
歯肉炎

歯周炎

ちょっと歯ぐきが腫れて違和感がある程度。

→

軽度の歯周病

歯周病(軽度)

口臭が気になったり、歯ぐきから出血したりする。

→

中度の歯周病

歯周病(中度)

痛みが出はじめ、歯ぐきを押すと膿がでたりする。

→

重度の歯周病

歯周病(重度)

歯がグラグラしはじめ、スルっと抜けてしまう場合も。

歯周病と病気の関係

歯周病は、動脈硬化、心臓病、早産その他の病気などを招く危険性があります。

歯周病になると、糖尿病・動脈硬化・心臓病・早産・その他痴呆や運動能力の低下などを招くきっかけとなるといわれています。とくに糖尿病との関係は深く、「歯周病になると糖尿病になりやすく、糖尿病になると歯周病になりやすい。」という負の連鎖を起こすことが分かっています。

歯周病は治療後の定期検診が大切

歯周病は一度なってしまうと完全に治ることはありません。治療後はまた悪化してしまわないように、定期的な健診とケアが必要になります。自宅でしっかり歯を磨くのはもちろんですが、取りきれない歯垢や歯石は歯医者さんでクリーニングしてもらってください。そうすることで、悪化するのを防ぎ健康な状態に引き戻していくことができます。

自分では取りきれない歯の汚れは3ヶ月に1回歯医者さんでキレイにしよう! 定期検診・クリーニングはこちら
痛くない・怖くない、歯医者さん 「親知らず」抜く?抜かない? 見た目にも美しいセラミック治療

歯科衛生士募集中

トップページ ページトップ